音楽を聴いて〈鳥肌〉が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

1:2017/11/30(木) 02:18:56.50 ID:

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

南カリフォルニア大学の研究により、
「音楽を聴いて鳥肌が立つ」経験をできるのは人口のごく一部しかいないことが明らかになった。
ほとんどの人の脳ではニューロンと「音楽による鳥肌」がリンクしていないため、この現象を体験できないという。

ハーバード大学在学中からこの現象について研究を続けているMatthew Sachsによると、
これを体験する人々の脳内の構造は特殊で、彼らの聴覚皮質と感情処理機能を接続する神経繊維は、
一般のそれよりも密度が高いのだという。

現段階では、この高密度の神経繊維が存在する理由については未解明だが、
これが存在するという発見自体が革新的なものであるとSachsは述べている。 彼は以下のように話している。

「私たちの発見は、報酬系への知覚アクセスにおける神経基盤が個々によって異なっていることの最初の証拠を提示しています。
またこの発見により、外的事象と感情との聴覚を経由したコミュニケーションが音楽というものを
人間にとっての審美的な報酬にしているという進化の原理が示唆されるのです。」

また、南カリフォルニア大学・Brain and Creativity Instituteの研究助手である
Der Sarkissianはこの「鳥肌」現象についてNeuroscience Newsで以下のように描写している。

「呼吸が曲のペースに合っているような感じがして、心臓の鼓動が遅くなり、曲にさらに集中している感覚になります。
心も身体もその曲に反応している感じです。」

(ちなみに、ここでこの反応を誘発している曲は、Radioheadの”Nude”だったという。)

Sachsによると、この連動は感情回路自体の強いつながりを示しており、
このような強い感情の反応は音楽だけに限られたものではないともしている。
一方、多くの神経繊維を持っていたとしても他の報酬(金銭など)では反応を見せるものの音楽に対しては
反応が出ないケースもあるという。

現在のところ人口の何パーセントがこのような高密度の神経繊維を持っているかは明らかになっていない。
Sachsの準備段階の研究では調査対象の人数に制限があったことも理由の一つだ。
現在、彼は南カリフォルニア大学でPhD課程の中で研究を続けているということなので、続報を待ちたい。

また、この発見が鬱病の治療にとっても重要な影響を与える可能性についてもSachsは言及している。
鬱病はあらゆる物事における喜びを感じる機能を不全にするということから、
音楽が患者の喜びの感情を開発する役割を担う可能性があるとしている。

Via: Social Cognitive and Affective Neuroscience , Digital Music News

fnmnltv
http://fnmnl.tv/2017/11/28/42506?articleview=more


4:2017/11/30(木) 02:48:54.33 ID:

え?これマジ?
マジならまさにこれだわ。
誰にでもあるとばかり思ってた。


7:2017/11/30(木) 03:26:40.56 ID:

>>1
感受性の解明に近づいたか


14:2017/11/30(木) 07:59:59.22 ID:

これは皆あるだろ。ない人の方が少ないじゃないの?


20:2017/11/30(木) 08:31:10.18 ID:

>>1
ジャンルを問わずあるぞ‼


21:2017/11/30(木) 08:32:21.40 ID:

>>20
今の嫁のカラオケでもなったわw


31:2017/11/30(木) 10:04:42.70 ID:

ゲームや映像の音楽だと、音楽を聴くと鳥肌の間に脳でワンクッション入ってるかな


33:2017/11/30(木) 10:25:17.87 ID:

声優の一部の可愛い声できゅんとくるのは関係あるの?


35:2017/11/30(木) 10:32:33.86 ID:

そうなんか
音楽に限らず、感動したら勝手に鳥肌が立つけど
感動した時の情感を思い出して、何時でも鳥肌が出せる
それって普通は出来ないのか?


39:2017/11/30(木) 10:51:22.63 ID:

メロラインと歌唱力もそうだが、コード進行とかグルーヴがヤバくても鳥肌立つ


40:2017/11/30(木) 11:11:19.29 ID:

>>1
鳥肌もあるけど、
一番なのは、脳がぐるぐる回される感覚
あの浮遊感、気持ち良さに出会えただけでも、生まれてきて良かったと思える、そんな至福の時
自分の場合は、一人のミュージシャンの、特定のインスト数曲に対してだけの現象
中毒性があるのでしょっちゅう聞きたいが、さすがに耐性ができるのか感度が鈍くなるので
ここぞというときにとっておく
ライブにもよく行ってたが、去年突然亡くなってしまった
素晴らしい才能に感謝、そしてそれに感応できる身体を神様ありがとう


58:2017/11/30(木) 12:27:21.34 ID:

鳥肌だと思ってるのは鳥肌じゃないんじゃない。
感動するけど鳥肌は別の要因でしかないとか


76:2017/11/30(木) 16:32:13.86 ID:

バッハの管弦楽とか聴くと
脳内エクスタシーに浸るわし。
鳥肌なんていつものこと。
背筋がジーン。


96:2017/11/30(木) 17:44:57.97 ID:

>>1
犬も猫もぞくぞくするよ?


98:2017/11/30(木) 18:02:42.62 ID:

感動表現としてよく目にするけど実際鳥肌の奴はそんなにいないってことか
聞くのに感動は強いほうがいいだろうけど作曲するのも報酬系強いほうがモチベ
的にはよさそうよね


99:2017/11/30(木) 18:03:30.54 ID:

ネバーエンディングストーリー聞くと良い意味で鳥肌立つ


104:2017/11/30(木) 18:19:20.60 ID:

全身聞くのに集中するし感動するけど鳥肌はないな


105:2017/11/30(木) 18:19:22.70 ID:

ならない人もいるのか


112:2017/11/30(木) 18:53:45.67 ID:

鳥肌立った体験はあるけど、数える程だなぁ。
シンフォニーとか現代音楽(歌無し)だったから、声は関係ないね。
曲の好き嫌いはあんまり関係なくて、すっごい演奏聞いた時に鳥肌が立つって感じ。


128:2017/11/30(木) 21:00:47.51 ID:

カバレリアルスティカーナで鳥肌立った
ダッタン人の踊りでもそう
バーペンシエロでも立ったな
数え切れない


131:2017/11/30(木) 21:20:39.68 ID:

わりと誰でも起こる事じゃね?


132:2017/11/30(木) 21:25:26.63 ID:

音楽そのものより
その音楽への思い入れで鳥肌が立つ気がする


141:2017/11/30(木) 21:50:12.26 ID:

鳥肌立ったって言ってるやつって本当に鳥肌立ってるか?
寒いとき以外に鳥肌立ったことないわ


ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする