「地球は平ら」と主張する「地球平面論者」に反論、平面論者からはまさかの答え

1:2017/12/04(月) 05:02:48.83 ID:

地球は平らな円盤ではなく、丸い球体であるというのは誰もが学校などで学び、
人工衛星などの写真でも間違いないものとされてきた常識ですが、
いまアメリカを中心に「Flat Earthers」と呼ばれる地球平面論を唱えるグループがにわかに注目を集めています。
科学を完全に否定するような理論には異を唱える声が次々とあがっており、
起業家で宇宙関連企業「SpaceX」の設立者であるイーロン・マスク氏もTwitterで疑問を投げかけたのですが、
地球平面論者からは意外な反応が返ってきています。

Flat Earth Society Responds To Elon Musk’s Tweet And We Just Can’t Even | IFLScience
http://www.iflscience.com/space/flat-earth-society-responds-musks-tweet-flat-mars-society-just-cant-even/

古くは紀元前のギリシア哲学の時代から唱えられてきた地球球体説に真っ向から対立する地球平面論なわけですが、
事実に基づく科学を完全に無視する強引な理論展開には科学者の間から異を唱える声が挙がっています。
アメリカで知名度の高い天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士は、
月の画像とともに地球平面論を否定するツイートを投稿しています。

地球は平らな円盤ではなく、丸い球体であるというのは誰もが学校などで学び、
人工衛星などの写真でも間違いないものとされてきた常識ですが、
いまアメリカを中心に「Flat Earthers」と呼ばれる地球平面論を唱えるグループがにわかに注目を集めています。
科学を完全に否定するような理論には異を唱える声が次々とあがっており、
起業家で宇宙関連企業「SpaceX」の設立者であるイーロン・マスク氏もTwitterで疑問を投げかけたのですが、
地球平面論者からは意外な反応が返ってきています。

Flat Earth Society Responds To Elon Musk’s Tweet And We Just Can’t Even | IFLScience
http://www.iflscience.com/space/flat-earth-society-responds-musks-tweet-flat-mars-society-just-cant-even/

古くは紀元前のギリシア哲学の時代から唱えられてきた地球球体説に真っ向から対立する地球平面論なわけですが、
事実に基づく科学を完全に無視する強引な理論展開には科学者の間から異を唱える声が挙がっています。
アメリカで知名度の高い天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士は、
月の画像とともに地球平面論を否定するツイートを投稿しています。

すると、マスク氏のツイートに対して地球平面協会の公式アカウントから返答が。
その答えは「やあイーロン、質問をありがとう。地球とは違って、
火星は球体であることが観測されているんだよ。いい日を!」とというもので、
強引に「地球だけは平面だけど他は丸い」とする主張を唱える内容になっています。

事態はさらに盛り上がりを見せます。Reno Says So(@RenoXcore)さんは、
自転する地球のGIF画像とともに「この観測結果をみたことがないのか、それとも……?」とツイート。

すると地球平面協会は、「違う!オルデランは平和で、武器を持っていません。おそらく無理でしょう—」との難回答をツイートしています。

ややもすれば強引にも受け取れる地球平面協会の反応には、
はたして科学界が「マジレス」すべきかどうかも怪しい様相を見せる論争に発展。
地球平面論者が掲げるスローガンの中には、メディアやエセ科学に惑わされることなく「真実を求める」というものも含まれており、
地球は丸いと思い込ませようとする「陰謀論」に立ち向かうという姿勢も示されています。

現時点では、地球平面論者と地球球体論者の議論は全くかみ合うことなく平行線を保っている状態。
以下の記事のように、地球は球体であることを示す明確な事象に、どのように返答するのかも気になるところです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20171202-flat-earth-society-elon-musk/


2:2017/12/04(月) 05:04:54.28 ID:

マジレスすると、

地球は三角


5:2017/12/04(月) 05:15:34.55 ID:

地球が球で半径を6,371kmとして、1kmの棒を地面に置くと
その両端は √((6371)^2+(0.5)^2)=6371.0000196…
両端は1.96cmだけ地面から浮いているはずだ。今はレーザーが
使えるから分かるんじゃない?


8:2017/12/04(月) 05:31:20.15 ID:

地球平面論者はそもそもそういった科学的計測結果を信じないから、いくら話してもムダ。


11:2017/12/04(月) 05:45:12.77 ID:

時期的に科学を相対化する必要があったりなかったり。


13:2017/12/04(月) 05:54:54.79 ID:

他の惑星が丸いことを示しても「地球だけは平ら」と返してくる、
聖書の解釈から来てるから決して揺るがないんだよ。
もっとも、苦しい読み解き方をして「聖書の記述は丸い地球を表している」と
主張する人たちよりも分かりやすいのかもしれん。


17:2017/12/04(月) 06:18:22.97 ID:

いちいち反論してどうすんだww


20:2017/12/04(月) 07:04:42.34 ID:

>>5
中学生ですか?


30:2017/12/04(月) 08:09:51.17 ID:

時間と直交する軸を捉えて平面の上に存在することを説明したほうが合理的


33:2017/12/04(月) 08:27:23.89 ID:

正しいかどうかは別としてこういう気持ちは大切


41:2017/12/04(月) 09:11:58.19 ID:

ホログラム理論に従えば平面だな


42:2017/12/04(月) 09:12:21.75 ID:

一応さ地上でも広範囲で海が見える場所とか船上なんかがベストだが、水平線を端から端まで眺めると緩くカーブしてるのが
分るよ。飛行機などで高空からであればよりはっきり分る。

こんなのは昔からよく知られた事実で、だから西洋人はかなり昔から地球は球体であるってのは
誰でも認めていた事実なのよね。だから地動説は否定しても球体に関しては中世教会でも否定してない

それにしてもアポロ否定と一緒でこういうのも強引に否定しようと思えばできるんだなあ、と今更ながら実感するよ


43:2017/12/04(月) 09:14:09.12 ID:

視界が開けた海を見てごらん。
水平線が丸みを帯びているだろ。
いつでもどこでも海は同じように丸みがある。
そのような形は球形しかない。


52:2017/12/04(月) 09:52:47.49 ID:

非常に複雑で綿密なモデルを作れば、地球は本当は平らだけど多くの観察で丸く見えるという仮説もおそらく可能
前提としてオッカムのかみそりを是とする世界観を共有しないと、終結しないタイプの議論だと思う


57:2017/12/04(月) 10:06:31.81 ID:

>>5
測量器機で二点間1kmを測量する場合

片側500m離れた左右を測定すると
2cm程誤差が出るから、手動計算で修正計算するか

50m毎に細かく測量していくか

そのどちらか

めんどくさくて長距離一発で測量したら、誤差出まくりでパニクった悪夢が思い出される


58:2017/12/04(月) 10:08:28.55 ID:

>>5
地球エレベータを作った場合
二基のエレベータ間が100mあった場合

衛生軌道上だと、何キロ離れてる計算になるんだ?

平面だと計算が楽でいいな


62:2017/12/04(月) 10:10:52.76 ID:

実際に球体である事を物理的に確認した人はいないからな
だから球体ってのはあくまでも可能性の域を出ていない


69:2017/12/04(月) 10:40:23.13 ID:

猿から人間になったも間違いだぞ
あくまで共通の祖先がいるというだけ


78:2017/12/04(月) 13:19:19.57 ID:

そのうち科学の進歩で → 地球平面論者が正しかった


82:2017/12/04(月) 13:43:20.68 ID:

宇宙の姿も日々改編されるじだいだし騒ぐような事ではない。
疑問が生まれ理論ができたなら解きほぐして見ればよいだけ。


84:2017/12/04(月) 13:50:36.06 ID:

>>5
地球の表面は凸凹しているから
その影響だと言われたら?


89:2017/12/04(月) 14:22:47.37 ID:

地球平面協会…


96:2017/12/04(月) 16:55:58.96 ID:

ホログラフィック理論によると宇宙も平面だから地球も勿論平面だろ

まあ、俺は宇宙の紐理論の方が好きだが


105:2017/12/04(月) 21:01:43.30 ID:

まだわからんな
丸く見えているだけなのかもしれん


ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする