インフルエンザやカゼを防ぐのに実は効果のない方法・効果のある予防法とは

1:2017/12/26(火) 04:53:53.83 ID:

冬になると気温が低くなって体調を崩しやすくなるうえに、
空気が乾燥することでウイルスの活動が活発になってインフルエンザが流行するようになります。
病気にかからないためには「手を良く洗う」「マスクを着用する」などさまざまな対処法がとられていますが、
その中にはきちんと効果が期待できるもの、そして逆に実は全く効果がないものなどが混在しています。
実際にはどのようにしてインフルエンザなどの病気は伝染するのか、
そして病気にかからないためにはどうすれば良いのか、
スミソニアン研究所が運営するSmithonian.comでは6つのポイントについてまとめた記事を掲載しています。

Trying Not to Get Sick? Science Says You’re Probably Doing It Wrong | Science | Smithsonian
https://www.smithsonianmag.com/science-nature/theres-more-to-fighting-flu-covering-your-mouth-180961404/

◆1.会話やくしゃみはもちろん、息をするだけでもインフルエンザは伝染する

「くしゃみで風邪がうつる」というのは広く知られていることですが、実際には相手と話をしたり、
さらには普通に息をするだけでもインフルエンザウイルスは飛散して他人に伝染してしまうことがあります。
呼吸することで人間の体からはごく微細な飛散物が排出されているのですが、2013年に発表された論文によると、
この飛散物には、くしゃみによって生じた飛散物の8.8倍ものウイルスが含まれていることも明らかになっています。

また、会話をするだけでも飛散物は作り出されるほか、テンションが上がって口論になると、
飛散物の量は50倍にも増えて病原体をまき散らすことにつながるとのこと。
冬場は激しい口論は避けておくのが病気を避けるうえでは大切なのかもしれません。

◆2.マスクはあまり効果がない

これは日本でも広く知られるようになってきたことですが、
マスクは病気にかからないようにするために着けるのではなく、病原体を持っている人が飛散を防ぐために使う、
というのが本来の目的です。インフルエンザウイルスの大きさは1mmの1000分の1の、さらに1000分の1程度しかないため、
マスクの編み目をいとも簡単に通過してしまいます。マスクが果たす役割とは、前述のような飛散物をせき止めることで、
ウイルスが拡散されることを防ぐところにあるのです。もし病原体を持つ人が近くにいたとして、マスクなどの措置をとっていないとすると
、いくら自分がマスクを着けていたとしても防御効果はほとんど期待できないとのことです。
しかし一方で、マスクをつけることによる保湿効果で、粘膜からのウイルスの侵入を防止することにはつながります。

◆3.手を握る程度ではウイルスはうつらない

風邪を予防するための方法として、手を洗って病原体を洗い落としてしまうことは一定の効果があると考えられています。
しかし、インフルエンザウイルスに関しては効果はありません。
カリフォルニア大学バークレー校のジョン・シュワルツバーグ教授によると、
インフルエンザウイルスは鼻や口の粘膜に直接触れることで取り込まれるため、
そこに手の関与の有無はほとんど関係ないとのこと。

◆4.病気の人が触れたモノが危険

前項ではウイルスについて述べられていましたが、
一方で風邪の元となる病原体は手の接触やモノを介した伝染があり得るとのこと。
病原体を持つ人が何かを触れると、その物体にウイルスが最大で72時間にわたって存在し続けるという(PDF)研究結果が発表されています。
また、カゼやインフルエンザの病原体は、革などの柔らかい素材よりも、
金属のような固い物体の表面により長くとどまることもわかっています。

GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20171225-how-not-to-get-sick/

続く)


2:2017/12/26(火) 04:54:15.04 ID:

続き)>>1

◆5.ビタミンCを採りまくれば良いというわけではない

「風邪を避けるためにビタミンCをたくさん採るようにしよう」という対策には、一定の効果があります。
しかしこれは、ビタミンCの量が多いほど免疫力が高くなるというわけではありません。
人体に作用するビタミンCの量には上限があり、
それ以上に取り込まれたビタミンCは使われることなく体外に排出されてしまいます。
そのため、ビタミンCを採るときには「不足しないように多めに採ることを心がける」という考え方が適切です。

◆6.「万能ワクチン」に期待

インフルエンザのワクチンは、
その年に流行するウイルスのタイプを南半球での流行データをもとに予測して生産されます。
そのため、年によっては予測が外れて流行が拡大することも十分にあり得ます。
しかし現在は、いくつものタイプのウイルスに効く「ユニバーサルタイプ」のワクチンも開発されており、
アメリカで流行するウイルスの95%、全世界でみても88%のウイルスに有効なワクチンの開発が計画されており、
今後生産が始まるとワクチンの効果がさらに高まることも期待できるとのことです。

GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20171225-how-not-to-get-sick/


3:2017/12/26(火) 04:55:52.85 ID:

>>1
3と4が矛盾している

鼻水弄るから、手は危険


4:2017/12/26(火) 05:05:46.25 ID:

スーパー行くと咳してる人ホント多い
かなり風邪流行っている印象あるよ、今年


6:2017/12/26(火) 05:20:20.43 ID:

>>3
3はインフルエンザウィルス、4は風邪の病原菌についてって書いてあるだろ?


8:2017/12/26(火) 05:46:23.43 ID:

口を塞がず咳してる
大人も子供もすげームカつく
バラまくなよ


10:2017/12/26(火) 06:05:21.40 ID:

>>8
いるいる。無神経な奴らのせいでめんどくさい事態に陥るんだよな。


14:2017/12/26(火) 07:19:40.42 ID:

お茶のタンニンがウィルスを動けなくするとかなんとか


26:2017/12/26(火) 08:15:23.54 ID:

手術する外科医の対処を真似りゃいい。手洗いとマスクが最善。


29:2017/12/26(火) 08:39:50.05 ID:

>>8
咳やくしゃみしてるやつに限ってマスクしていないことが多い


30:2017/12/26(火) 08:40:12.01 ID:

>>3
2だけで矛盾している

マスクが他人の飛散物を吸い込む予防効果がないなら、自分の飛散物をせき止める効果もない


31:2017/12/26(火) 08:46:32.84 ID:

マスクは鼻の乾燥を防ぐから効果がある。


32:2017/12/26(火) 08:53:09.05 ID:

マスクが効果あるなら風邪やインフルエンザの流行もっと減るんじゃね?
昔よりはるかにマスクしてる奴は増えたけど、相変わらず風邪になる奴は多いし
毎年のようにインフルエンザは流行する


35:2017/12/26(火) 08:58:46.73 ID:

体温を上げろ。
インフルエンザウイルスは38度以上で活動が弱まる。
また湿度にも弱いので加湿して暖房をガンガンにかけて安静にしてればすぐによくなる。

逆に40度に達してないうちに解熱するのはもっとも愚か


36:2017/12/26(火) 09:08:29.15 ID:

そういや風邪は現代医学でも原因が分ってないっていう話を聞いたことあるな
俗説かもしれんが


38:2017/12/26(火) 09:33:20.21 ID:

マスクをしてから風邪をひく回数は減ったぞ


45:2017/12/26(火) 10:09:11.36 ID:

冬は、マスクで必ず外出。
エレベーターのボタンは指で触れない。
手すりは掴まない。
帰宅したら、手洗いうがい。
寝る前歯磨き 朝歯磨き
休みの日は、レモンのスライスをマグカップ
に入れて、お湯を注いだのを飲む。ビタミン
補給。


56:2017/12/26(火) 11:33:34.89 ID:

やっぱりマスク別に無駄じゃねーじゃん
保湿シート入れるとか時々スプレーでもすれば更に効果あるんだろ


57:2017/12/26(火) 11:32:24.85 ID:

うがいなんて何の効果もない
そんなの奨励してるのは日本だけ


63:2017/12/26(火) 13:12:29.69 ID:

空気感染ならマスクは無効だけど、インフルエンザは飛沫感染だから有効なのでは?


71:2017/12/26(火) 16:04:32.41 ID:

うがいをするより
お茶を飲んで
ウィルスを胃まで流せばいいよ


81:2017/12/26(火) 17:28:35.58 ID:

マスクは飛散を防げる
なら会話等により飛散してきたウィルスも防げるだろ


82:2017/12/26(火) 17:40:46.81 ID:

あるヨーグルトを飲んで腸内環境が良くなってからノロもインフルも風邪にもならなくなった。


86:2017/12/26(火) 18:01:19.41 ID:

>>8
咳して鼻水すすって熱っぽい顔して「大丈夫です。」
お前が大丈夫でも迷惑だから会社に来るな、電車にも乗るなと思う


90:2017/12/26(火) 18:31:15.11 ID:

うがいより「こまめに少量の飲み物を飲む」が有効
外にいて30分に1回うがいなんてなかなか出来ないがひと口ふた口飲み物を口にするのは
難しくはない 飲料摂取はうがいと同等の効果がある


91:2017/12/26(火) 18:33:33.12 ID:

粘膜を乾燥させないことが大事
マスクのは吸気するときの防御効果はないけど、排気するときは風がせき止められるから拡散の防止にはなる


92:2017/12/26(火) 18:39:59.98 ID:

>>1
矛盾だらけだな

とりあえず
・マスクは鼻、口、喉のウィルスの増殖を著しく防ぐ効果がある
・ヘビーユーズの共有部分(バス電車の手摺り、公衆トイレ)に触れたら入念に手を洗う

は間違いじゃない
目をこする、鼻や口、ヒゲをイジる癖がある人は特に要注意


99:2017/12/26(火) 19:18:35.75 ID:

20年以上インフルエンザにはなっていない(多分)
積極的には何もしていない
ワクチンとかマスクとかしてない


100:2017/12/26(火) 19:53:01.39 ID:

マスクの中は鼻水がダラダラと出た状態になっている


104:2017/12/26(火) 21:25:43.43 ID:

>>1
うん、だからマスクは効果が有るんだよね?
何で、一回意味合が無い様な事を書いてから結果肯定するかなあw


105:2017/12/26(火) 21:43:52.17 ID:

マスクの網目よりウイルスが小さいからインフルかかってない人がマスクしても予防にならないってなら、インフルかかってる人がマスクしても無意味な気がするね。


ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする