おせち料理変わりすぎ 日本の伝統がインスタ映え意識しすぎでいいのか

1:2018/01/01(月) 10:09:13.88 ID:

アマゾンオリジナルの「スター・ウォーズおせち」(2万5900円)。ロゴやキャラクターがアクセントになっている

お正月といえばおせち料理。流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」が、“買う”おせちの世界にも広がっている。「スター・ウォーズ」や「ウルトラセブン」などのキャラクターものや、1メートル超えの“日本一背の高い”おせちなど、変わりおせちが百花繚乱(りょうらん)。選ぶ楽しさは増した。が、一方で、「伝統を軽視している」「風情がない」と嘆く声も。おせちはこんなに変わっていいのだろうか-。

■116品を21段に

「ごらんください。これがアマゾン限定日本一背の高いおせちです」

12月上旬、アマゾンジャパン(東京都目黒区)が同社の通販サイトで販売するおせちを発表。目玉のひとつ、高さ約117センチ、21段重の「タワーおせち」がお披露目された。

縁起物の数の子や黒豆をはじめ、ローストビーフ、フグ刺し、エビチリなど、実に116品もの和洋中の味覚を一堂に会した豪華なおせちの価格は20万円也(限定10セット)。

「撮影して友人に発信したくなるような華々しいおせちを企画したかった」と、同社食品・飲料事業部の吉沢直大事業部長は説明する。

近年、通販おせちは躍進し、同社は2013年から4年間で売り上げは約6倍に。今年はタワーおせち以外にも、新作が公開された映画「スター・ウォーズ」のキャラクターがちりばめられた三段重から、人気パティシエ監修のスイーツおせちまで、ラインアップを約480種類に拡大した。

一方、おせちは「作る」「買う」だけでなく、近年は「食べに行く」のも人気だ。

お正月に、ホテル内のレストランや宴会場を使って実施される「おせちバイキング」は、元旦から予約が取れないほど。宿泊者以外のお客も利用でき、近隣に住む家族連れが、初詣の前後に利用するケースが目立つ。それぞれが好きなおせちを、好きなだけ食べるのが正月のレジャーのひとつになっている。

■年神様を迎える心で

おせちをつつきながらの家族のだんらんはほほえましく映るが、「一番大切な『年神様を迎える』という意識が欠落しているように見える」と、食文化史研究家の永山久夫さんは指摘する。

古くから、お正月には新しい年の神様である年神様が山から家々へ降りてくると考えられてきた。年神様をわが家へ迎え、おもてなしをする。心を込めて料理を作り、神様に供えて、そのお下がりをいただく。それがおせちだった。

「神様がお下がりに不老長寿の力を授けると信じられ、それを食べることで『これで今年も無事に、元気に過ごせる』と自信がついた。そういうよりどころがなくなれば、おせちは単なるアミューズメントになってしまう…」

一般社団法人「和食文化国民会議」の代表理事を務める、東京家政学院大学名誉教授の江原絢子さんは、「おせちに大事なのは形より心」と強調する。

■おせちというと、縁起の良い多種類の食べ物を、美しくきっちりと重箱に詰めたイメージが強いが、それは明治時代以降に出てきたスタイルだという。地方に目を転じれば大皿に盛り付けたり、山菜を煮た簡素なおせちがあったり。お雑煮も各地で特色がある。多様性はおせちの、引いては日本の食文化の神髄だ。

江原さんが憂慮するのはおせちの変化より、特に若い世代に“神社へお参りには行くけれどおせちは口にしない”という人が少なくないことだ。本来、新しい年の無事を願って食べるおせちは、家の中でするお参りと同じ。「その精神が引き継がれていない」と、江原さんは感じている。

インスタ映えありきのおせちでも、それを入り口として、「若い人たちに地域や正月文化に関心を持ってもらえる可能性は秘めている」と期待を寄せる。

■受験生がいるから ※抜粋

また、おせちを用意しなかった理由で多いのが「家族に受験生がいるから」。あえて普段通りに、との考えからか。でも、幸運を授けてもらいたい思いはひとしおなのでは。

わが家で、せめて一品は手作りのおせち料理を用意して家族でいただく、というのがよさそうだ。2018年、年神様が多くの家に幸せを運んできますように。

配信2018.1.1 02:00
産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/180101/prm1801010001-n1.html


8:2018/01/01(月) 10:11:53.44 ID:

インスタやってる層にはお似合いでは


13:2018/01/01(月) 10:14:56.64 ID:

おせちって正月は店が開いてないから作ってた保存食じゃないの?


48:2018/01/01(月) 10:22:44.19 ID:

そもそもおせちって作るものであって買うものではない


55:2018/01/01(月) 10:24:09.81 ID:

結婚式もそうだけど、どうせこれも江戸時代と変わりすぎの部類なんだろ。
あって当時上級だけだろ。


69:2018/01/01(月) 10:26:51.54 ID:

新年はかまぼこにわさび醤油で食べる
お刺身食べてるみたいでちょっとぜいたくな気分
紀文だけに


84:2018/01/01(月) 10:29:49.27 ID:

俺はかつやのかつ丼のほうがいい


90:2018/01/01(月) 10:30:57.52 ID:

>>69
元々、かまぼこは贅沢食材だぜ?
高級かまぼこ高いだろ?
昔はあの価格になる製法しか無かったし。


93:2018/01/01(月) 10:31:34.47 ID:

>>55
お節料理は弥生時代からあったので?
といわれるほど古いよ

平安時代なんは宮廷と神事としての
料理だったけど、江戸時代には
もう一般庶民の風習として定着してる


94:2018/01/01(月) 10:31:52.37 ID:

>>1
おせちが神様へのお供え物のお下がりという時点まで遡るなら
その頃の「おせち供」は別に正月だけに作った料理じゃないぞ
それが伝統っつーなら1年中作ってろって話だ


118:2018/01/01(月) 10:36:13.04 ID:

おせちとは伊達巻きだけあればいい
あれを切らずに丸かじりするのが最近のトレンド


124:2018/01/01(月) 10:36:55.80 ID:

昆布巻き、たつくり、黒豆、甘いエビや魚、酢の物とか確かに人気ないから残りまくる

焼き豚やチーズ入かまぼこ、卵焼きとかは取り合いですぐなくなるよな


139:2018/01/01(月) 10:40:05.89 ID:

黒豆はマメに暮らせるように、とか
そんな願いが込められた食べ物が詰まったのがおせち料理だったはずだが
ここ5年ほどは見栄え重視で、願いはどこかへ置き去られてきているね


155:2018/01/01(月) 10:43:14.00 ID:

おっさんにならないと
昆布締めとか煮しめのうまさに気づかない


169:2018/01/01(月) 10:45:39.37 ID:

まあどこも開いてるから日持ちさせる必要ないしな
昔は栗きんとん伊達巻が好きだったけど、今はごまめやなますなんかが美味いので年取ったなと感じる


175:2018/01/01(月) 10:47:18.65 ID:

本来とか伝統とか事言い出したら豆類と佃煮だけになってしまう


221:2018/01/01(月) 10:55:44.45 ID:

もっとキャラ弁みたいなのかと思った


247:2018/01/01(月) 11:00:09.50 ID:

黒豆つくる家なんてそうはないだろうな


260:2018/01/01(月) 11:02:45.14 ID:

ぶっちゃけおせちって美味しくないじゃん
昔は冷蔵庫もないし正月開いてる店もなかったから御節が良かったのかもしれないけど、
今となっては必要ないものだと思うよ


265:2018/01/01(月) 11:03:18.23 ID:

スーパーの安いかまぼこが消えて、高級かまぼこしか無いぞ。おかしくないか?


284:2018/01/01(月) 11:05:38.02 ID:

おせちの売れ残りを総菜として出すスーパーもある


285:2018/01/01(月) 11:05:42.36 ID:

>>260
美味しいおせちを買えばいい
スモークサーモンのマリネとか
入ってる洋風のおせち


287:2018/01/01(月) 11:06:01.80 ID:

元々 御馳走、山海の珍味なら何でもありなルール なはず


299:2018/01/01(月) 11:09:21.01 ID:

元々保存食だからな
正月くらい休みたい主婦の知恵みたいな料理


323:2018/01/01(月) 11:14:47.66 ID:

知り合いの割烹屋の社長が言ってたが、おせちはぼろ儲けらしい。今年は景気が良くてかなりの量が出てウハウハだったとのこと


329:2018/01/01(月) 11:16:33.38 ID:

田作りと昆布巻きと紅白なますは好き
伊達巻き卵だったら、普通の卵焼きの方が好き


330:2018/01/01(月) 11:16:44.71 ID:

スターウォーズおせち…

やっぱそういう方向へ進化すんのねえ


342:2018/01/01(月) 11:19:03.35 ID:

おせちより洋風のオードブルの方が美味いじゃん


343:2018/01/01(月) 11:19:37.91 ID:

別に餅だけあればいいんやで
重箱のおせちなんて
元は、上級国民の文化


ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする